介護基礎学 – 竹内仁

両親も年を重ねてきて、僕自身はバンコクにいて離れているため、この先のことを少しずつであるが実際面でも心においても準備を初めておいた方が良いだろう。自分自身も40を越えてから体の衰えを感じる様になった。読んでいると自分自身にも当てはまることが出てくる。

仏さんの説く「生・老・病・死」の四苦は、まさに僕らの苦しみで、全体的に暗い気持ちになりがちだが、現実はやってくるので、押しつぶされない様に備えておくことが大切だ。ここでも村上龍の言う、面倒で困難なことに正しいことが多い、というのが当てはまる。逃げるのは簡単に見えるが、それは正しくないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA