編集王1 – 土田世紀

ちょうど編集社で働いている時か、博報堂に入った頃に読んだのだろうか。
主人公の熱すぎる仕事への取り組みが、見ていると過剰にも思えるが、僕の態度もある人にとっては過剰であろうし、多くの人は自分を殺して、あわよくば楽に金を稼ぎたいというように見える。金のことを言うのは、ようするにお前ら金に心を売るんだな、ということだ。そこまでして稼ぎたいのかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA