タイのことがマンガで3時間でわかる本 ASEANの中心国! アスカビジネス

同じアパートに住む日本人にもらった書籍。
6部屋しかないアパートでメー・バーンには日本人がもうひとりいるよと、聞いていたのだが、彼が2日後にはマレーシアへ出ていくので、せっかくなのでもらってくれる人がいれば受け取って欲しいということで、20冊近くの本を頂いてしまった。
更に私の部屋で本を見ながら話していると、私の部屋にある本を見て「こんなにたくさんの本があるなら本棚ももらってもらえますか?」と言って立派な本棚まで置いていってくれた。形は店にあったものだが、木の種類は濃い色のものにしたくて、オーダーしたものだということだった。

知っていることばかりだと思ったが、パラパラとめくっていると以外に収穫があった。
近い将来にBOIについて考えてみよう。必要でなければやることはないが、メリットがあればやってみるのもよい。

一説には、トンブリー王朝(1767年〜1782年)を潮州人のタークシン大王が建てた頃から、多くの華人がタイに来たと言われています。実際にタイの華人の出身は半数以上が潮州といわれています。

注意すべき有給の休暇として「疾病(病気)休暇」なるものがあります。

ちょうど先日友人と夕食を食べた時に話にあがった、タイをタイたらしめる決まり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA