マンガ脚本概論 漫画家を志すすべての人へ

新しさ、共感

人間にはもともとアイデアを結び付けずにはいられないという独自の能力が備わっています

書き出す

読者に最後まで読んでもらわないこと位は話にならない → 推進力

人物の紹介、舞台の紹介、設定の紹介、問題提起

キャラ:怒りん坊、てくの坊、恥ずかしがり屋、怖がりや、泣き虫、弱虫

こういう人いるいる、こういうことあるある → 最初の共感へ

実在性

具体的に嘘をつく

混沌とした自分の世界観に何らかの形を与えるために表現をするのだ

自分とは全く違う価値観の人間について勉強しなければならない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA