夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです – 村上春樹

ー世代論はあまり好きではないでしょうが、村上さんのように一つの場所でじっと考えながらものごとをやってきた人間が、同じ世代にどれだけいるかと考えると、ちょっと淋しくなる状況かもしれませんね。

ただ有名でもなんでもなく、世間的にかたちになるようなことはしていなくても、そういうふうに行きている人はきっと少なからずいると思う。だから僕はそんなに悲観的ではないんです。いざとなれば表に出てくる力を持った人はちゃんといるんじゃないのかな。

お金で買うことのできるもっとも素晴らしいものは、時間と自由である、というのが僕の昔から変わらない信念です。時間と自由があれば、雑事に邪魔されることなく、集中して次の小節を執筆することができます。もちろんお金がなくても、ある程度、時間と自由を手に入れることはできます。いちばん重要なことは、お金があってもなくても、自分の霊をどこまで「飢えた状態」に置いておけるかということだと思います。

何かを人に呑み込ませようとするとき、あなたはとびっきり親切にならなくてはならない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA