大いなる助走 – 筒井康隆

はじめての筒井康隆。全体を通して読みやすく面白かったが、後半に加速した。
これを読んで殺害を行った男がいたようだが、筒井康隆は文学はそういうものだと、一切責任を撮る必要はないと言ったそう。

金銭登録器

レジのことをこう書いている。初出が昭和52年。レジなんて言葉もなかっただろうか。

それでなくても現代は自意識の時代なんだからね。誰でもがあらゆる感情、つまりあらゆる欲望やうぬぼれを評価する。値踏みするんだ。

あの娘さん、生娘だったのだよ

処女のことを生娘と呼ぶようだ。

さらさらさら。さらさらさらさらさらさら。さらさら。さらさらさらさらさら。さらさらさらさらさら。さらさらさら。

いい表現。

投機的

その読者たちが本当にすべて優秀かどうか、これだって自分の読者はすべて優秀だと思いこみたい作者の世迷いごとで、作者にそんなことがわかる筈はなく、

ただ、優秀な読者をできるだけたくさん得ようと努めることはできます。大勢の人に読んでもらえばいいのです。少数より多数の中に優秀な読者が多いことは確かですからね。

磊落 らいらく

気が大きく朗らかで、小さいことにこだわらないこと。気性がさっぱりしていること。

池田満寿夫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA