幸せな未来は「ゲーム」が創る

いずれにせよ、人類は進化しつづけるのであれば、われわれはもっと徹底して人生を楽しむことを学ぶべきである。

ゲームをプレイするとは、取り組む必要のない障壁を、自発的に越えようとする取り組みである。

ゲームと比べると、現実は易しすぎる。ゲームは私たちが自発的に超えたくなる障壁に挑ませることで、私たち個人が持つ力をよりよい方向に用いるための助けとなってくれる。

よりよい成功への希望ゲームと比べると、現実には希望がない。ゲームは失敗への恐れを取り除いて、成功へのチャンスを高めてくれる。

成功は喜びをもたらしますが、それと同時に、なにかおもしろがってやれることを失ってしまいます。失敗しているかぎり、私たちはもう一度挑戦できるし、遂行すべきミッションがありつづけるのです。

研究者たちは、楽観性は、想像しうるさまざまな意味で人生の質を高めることに密接な関係があることを発見しました。たとえば、健康で、長生きして、ストレスや不安を減らして、よいキャリアを歩んで、よい人間関係を築いて、創造的で、困難な状況に直面したときに立ち直る力などを与えてくれるのです。これは驚くことではありません。楽観主義は、私たちが自身と他者の人生をできるかぎりよくしていくために必要なことでした。私たちが本当に繁栄するには、自らの能力や成功へのチャンスについて楽観的でなければなりません。

ゲームに比べれば、現実は些細なものだ。ゲームは私たちの行動を何か巨大で壮大な意味を持つものにしてくれる。

人生は全て実験だ。実験はたくさんすればするほどよい。

ゲームに比べると現実は没入しにくい。ゲームは私たちに、自分のしていることにもっと深く参加しようという意欲を起こさせる。何かに心から参加するとは、自発的・自律的に取り組み、強い関心と純粋な情熱を持つということです。

何かを強制的にやらされているとしたら、もしくはしぶしぶやっているとしたら、それは本当の参加ではありません。結果がどうなるかに関心を持っていないとしたら、それは本当の参加ではありません。何かが終わるのを受動的にただ待っているとしたら、それは本当の参加ではありません。

さまざまな学術文献でもっとも頻繁に推奨されている幸せ活動は、感謝の気持ちを表すことと親切な行為をすることのふたつです。

新設で好意的な見知らぬ人と日にわずか数分でも同じ空間で過ごしていたら、私たちはより楽観的になり、自尊心が高まり、より大きな安心感と周囲の環境とのより強いつながりを感じるようになり、人生をもっと楽しむようになるということが、研究によって明らかになって

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA