イーロン・マスク 世界をつくり変える男 – 竹内一正

ロボットが通りを歩いて人間を殺戮するのを実際に目にするまで、人々はどのように反応すればいいのか分からない。こうした脅威に対して現実感が非常に希薄であるように思える。

新しいことをやろうと思ったら、失敗を許容しなければならない。

まず言いたいことは「超多忙であれ」ということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA